年収アップの看護師転職法 | 必読!転職に役立つ知識

年収アップの看護師転職法

年収アップを狙って転職するなら、賃金の高い職業へ転職することをお勧めします。
例えば治験コーディネーター。製薬会社で募集している職です。

新薬開発には欠かせない治験を担う大切な仕事で、医療の知識と技術が欠かせません。
大きな責任を伴う仕事ですが、看護師よりも年収は高くなります。

年収の高い職業はもう一つ、臨床試験モニターがあります。治験の大切な
データ管理を一手に担う仕事なので几帳面さが大切。パソコンスキルも必須です。

看護師を続けながら年収アップを狙うなら、大学病院など専門性の高い病院へ
転職をしたり、現在勤務している病院で管理職を目指すのも良いでしょう。

総合病院の場合、がん治療や難病治療など病気ごとに特化した科を設けています。
当然、勤務しているスタッフはそれぞれの科の専門知識と技術を持ち合わせています。

管理職クラスともなれば、認定看護師のような高度な医療資格を持っている場合もあります。
仕事は今までよりも更に高度な医療が求められますが、比例して年収も上がります。

給料とは、仕事に対する報酬。年収が増えることは、仕事の難易度や量が増えることでもあります。
単純に収入を増やすことが目的の転職なら、考え直すべきでしょう。

ちなみに、一般的な看護師の平均年収は400万程度。産業保健師もほぼ同じか若干下がる程度です。
治験関係の仕事になると500~600万程度が相場で、1000万を超える人もいます。

あくまでも平均的な数値なので、正確な金額は企業ごとに異なります。
ただ、比較すると治験関係の仕事の方が高めの年収と言えます。

年収アップも大切な要素の一つです。ただしそれ以外にも、
転職を通じて何をしたいのかをよく考えて企業を選んでください。