クリニカルスペシャリスト | 産業保健師の様々な働き方

クリニカルスペシャリスト

臨床試験とは、新薬開発の際に薬の効果を確かめるために人に投与し、
そのデータをもとに新薬として販売するかを決定するための大切な試験です。

この臨床試験で厳しい基準をクリアしなければ、新薬が世に出回ることはありません。
また、人に対して薬を使うわけですから、厳重な健康管理が貸せない場面です。

治験コーディネーターや臨床試験モニターなど、新薬開発に携わる職業には
看護師経験が求められますが、企業によっては保健師経験が条件とされるところもあります。

つまり、産業保健師として活躍している方が、新天地を求めて治験の分野に参入することもできるのです。
保健師になる課程で看護師資格は必須ですから、看護師の知識も同時に活かせるという訳です。

治験には担当の医師がいて、彼らの指導の下に治験を行います。
臨床試験全般を統括するのは医師の役目ですが、モニターに対するフォローはコーディネーターの役目。

薬による効果が現れているかを観察し、モニターに異変が起きていないかをつぶさに観察していきます。
これは、看護師や保健師の経験がなければ務まらないことです。

臨床試験に携わると、産業看護師時代よりも専門的な知識を求められることでしょう。
分からないことがあればすぐ周囲に確認を取るなど、積極的に周りに働きかけることが求められます。

また、データをまとめたり報告書を作成するなどパソコンを使った作業も多くなります。
ワードとエクセルは使えるようにしておきましょう。

よりスピーディーな作業の為に、ブラインドタッチができればなお良いと思います。
パワーポイントに関しては、余裕があれば習得しておくと便利です。

必須のPCスキルというわけではありませんが、資料作成の時に役立つので
基本的な部分だけでも覚えておくと安心です。