臨床開発モニター(CRA) | 産業保健師の様々な働き方

臨床開発モニター(CRA)

治験全体のサポートをするのが治験コーディネーターなら、データをまとめたり
関連機関の手続きをするのが臨床開発モニターです。

スケジュール管理やモニタリング、文書作成が多いのでパソコンスキルは必須です。
ワード・エクセルは必ずマスターしておきましょう。

臨床開発モニターにとって一番大切な仕事は、法に定められた基準の下に
治験が行われているかどうかを確認することです。

薬は人の体に影響を及ぼすものですから、安全と効能を守らなくてはなりません。
臨床開発モニターは、新薬開発の番人といえるでしょう。仕事内容は多岐に渡ります。

治験開始前の実施機関選びから契約手続き、始まったら計画書に沿ったモニタリングや文書の確認、
症例エントリーの進捗と、治験が終わるまで管理に関わります。

治験終了後の手続きも仕事に含まれるため、臨床開発モニターなくしては新薬開発は成り立たないのです。
まさにスペシャリストの職業なので、求められる知識も膨大なものです。

薬学・自然科学・医薬品開発に関わる法律はもちろん、ビジネス英会話や
プレゼンテージョンスキルも求められます。

新薬一つに関わる期間は、最低でも20年。また、開発されても承認されるまでに更に年月がかかります。
開発・承認と経て新薬が世の中に出回るまでは、とても長い年月をかけなくてはなりません。

それだけ長い年月をかけてようやく使えるようになった新薬が、
病気や怪我で苦しむ人を助けているのです。

看護師や保健師とは随分形が異なりますが、臨床開発モニターも立派な人を助ける仕事。
そこにやりがいを感じ、転職を希望する人が多い職業です。

採用されるためには、ある程度の看護師・保健師経験が求められます。
転職を希望する人は、過去の経験が生かせる企業がないかを調べてみましょう。