治験コーディネーター(CRC) | 産業保健師の様々な働き方

治験コーディネーター(CRC)

治験コーディネーターとは、新薬を開発する際に人に投与してその効果を見る「治験」を取り仕切る仕事です。
モニターの募集から健康管理、治験をするにあたっての説明やカウンセリング等が主な仕事内容。

治験が始まってからはモニターの経過観察や薬の効果を見たり、医療施設の手配も行います。
終了後は結果報告書を作成するなど、治験のすべてに関わる職業なのです。

治験コーディネーターは、看護師にとって人気の転職先の一つです。
理由は様々ですが、一番大きなところは勤務形態が安定しているところでしょう。

休日や出勤日は企業のカレンダーに準じているので、基本的に休みが決まっています。
土日祝日、盆休みや年末休みなど、一般的な社会人の休み時期に重なるので予定も合わせやすいです。

一番の違いは夜勤がないこと。看護師の中には夜勤と日勤の繰り返しで体調を崩す人もいるので、
規則正しい生活リズムを取り戻したいと願って転職するケースもあります。

ただし、良いことばかりとは限りません。企業で働くことは、病院勤務とは
違った感覚に慣れなくてはならないのです。

今までの病院勤務と違い、企業勤務の場合は利益をあげることを求められます。
奨励数のノルマを決められたり、達成できないと理不尽に怒られることもあるでしょう。

時には時間外勤務や休日出勤もあるでしょう。ただ、病院勤務と比べれば規則性のあるシフトなので、
治験コーディネーターのほうが働きやすいと感じる人もいます。

治験コーディネーターに求められるのは薬の知識、些細な異変も見逃さない観察力。
そして何よりコミュニケーション能力です。

患者さんに対するカウンセリングはもちろん、臨床試験のデータを記録する臨床開発モニターなど
関連する職業の人とも関わりながら仕事をしていくからです。

新薬開発は一人ではできません。発案から開発、治験、営業活動と、
各分野のスペシャリストが協力することで初めて、新薬が世の中に出回るのです。