多種多様な業務外活動 | 産業保健師の様々な働き方

多種多様な業務外活動

産業保健師の活動は、企業においてカウンセリングや健康相談をすることだけにとどまりません。
各地の産業保健推進センターで講習を受けたり、ほかの機関に出向いたりをします。

普段は非常勤として働く傍ら、空いている時間に健診センターや児童相談所などの期間で
健康相談をする保健師の方もいらっしゃいます。

また、イベント救護室で応急手当を行ったり、旅行の引率や健康診断のサポートなど、
アルバイトとして単発・短期の仕事をすることもあります。

中にはボランティアとして国内・外の様々な地域で活躍している保健師さんも。
こうしてみると、保健師の活躍する場所は様々なところにあることがお分かり頂けるでしょう。

産業保健師とは、あくまでも保健師という職業の一つ。
場所が変われば名称が変わり、仕事の内容も変わってきます。

産業保健師では経験できないようなこともたくさんあるでしょうし、
直接ではなくとも仕事に生かせることもあるはずです。

例えば、保健師になったけど仕事先が見つからないという方。
フルタイムは無理でも空き時間を利用して働きたいという保健師の方。

非常勤で保健師を募集している機関に応募してみるのはどうでしょう。
そこで積み重ねた経験が、仕事が見つかった時や本格的に仕事復帰をするときに役に立つはずです。

空き時間があるなら、ぜひ今後のキャリアのために生かしましょう。
保健師という仕事は、資格をとって経験を重ねれば長期間働ける職業です。

病気やけがのリスクは、どんな時代にもつきもの。また、近年は生活習慣の変化から
メタボリックシンドロームやうつ病など、特に注意すべき症状も出て来ています。

時代に合わせて保健師に求められるものも変化しつつある今。
業務外活動とは、貴重なスキルアップの機会なのでしょう。