資格取得にかかる費用 | 産業保健師と資格

資格取得にかかる費用

産業保健師にとって欠かせないのが保健師資格。もともとこの資格を持っている方なら費用はかかりません。
更に、都道府県への申請だけで第一種衛生管理者資格が取れるのですぐに転職活動ができます。

仮に保健師資格を持っていなくても、看護師資格があれば保健師の国家試験を受けられます。
ただし、保健師学校や保健師課程のある専門学校・大学を卒業しないと受験資格はありません。

医療系の学校は学費がかかります。それだけでなく、実習費用や教材費、更に国家試験の受験料。
保健師資格を取るためには時間とお金の両方がかかることを覚悟してください。

学費は地域ごと・学校ごとで幅がありますが、大まかな目安として
4年制公立大学が200~300万(卒業まで)ほどかかります。私立の場合はこの倍近くになるでしょう。

保健師資格を取るには、保健師課程が設置されている看護学校に通い看護師と同時に取得するか、
一度看護師試験合格した後に保健師学校に通い国家試験を受けるかの選択があります。

どちらが安いかと単純には言えませんし、学校に通うことはある程度時間を拘束されることでもあります。
まずは現在の自分を取り巻く状況を整理して、どんなルートで資格を取るか考えましょう。

実際に学校に通うとなれば様々な費用が発生します。例えば交通費、下宿となれば家賃や光熱費に食費。
単純に学費のみを見るのではなく、生活費も考慮してトータルの費用を考えてください。

全額自費でまかなうのはとても大変ですから、奨学金や都道府県の融資を利用するのも手です。
どちらも無利子で貸し出しをしてくれますから、窓口で相談してみましょう。

保健師と看護師両方の資格があるか、看護師だけかでスタートラインは大きく異なります。
看護師資格がなく、これから学校に通って資格をとる人もいるでしょう。

お金の問題は頭の痛いところですが、どんな援助を受けられるのか調べてみると負担が減らせるはずです。
自分が受けられる援助も考慮してみると、トータルでいくら必要なのかがはっきりと見えるでしょう。