産業保健師の資格と求人サイト・転職サイト情報

産業保健師の資格

産業保健師になるためには、保健師資格が欠かせません。というよりも、必須資格はこれだけなので、保健師資格さえ持っていれば誰でも産業保健師になる資格があるということです。

ただし、第一種衛生管理者資格だけは取得しておくことをお勧めします。
保健師ならば申請だけで取得できるうえ、衛生管理における責任者になれるチャンスもできるからです。

この資格があれば、どんな事業所でも衛生管理者になる事ができます。
産業保健に深く携わっていきたい方なら、保健師と共に取得するべき資格と言えるでしょう。

実際に産業保健師になるためには企業の面接に受からないといけないので、ただ資格を取って終わり、という訳ではないのです。

行政機関や教育機関などで保健師、衛生管理師として経験を積んでから転職するか、人材育成システムが整った企業へ就職するかをして経験を積まなければなりません。

産業保健師は、経験に重きが置かれる職業だからです。
並びに一人で多くの仕事をこなすことが求められるため、経験が浅いと不利になりがちです。

必要資格がシンプルな分、求められるスキルは多様なものになります。
中でも欠かせないのは、コミュニケーションスキルです。

産業保健師の業務は、社員からの健康相談が中心。その時の体調の変化はもちろん、見た目や雰囲気の変化から心の不調を読み取り、悪化する前に手を打つことが大切です。

そのためには、社員と信頼関係を築かなくては始まりません。
相談に行きやすい雰囲気づくり・どんな悩みにも真摯に答える姿勢など。

相手に寄り添うという気持ちを常に持っていないと、社員は心を開いてくれません。
かえって警戒され、悩みを聞かせてもらえないこともあります。