産業保健師の仕事内容 | 産業保健師の知識

産業保健師の仕事内容

産業保健師を一言で表現すると、企業に勤める保健師といえます。
もっとも、他の保健師さんと違い、常に保健業務に当たるわけではありません。

基本的な仕事は、社員の健康管理。年に一度の健康診断を行ったり、社員に対して病気予防の診断をします。
生活習慣病やメタボリックシンドロームなど、近年増加の一途をたどる病気に対し、医学の視点から予防を呼びかけるのです。

そのほか、体調を崩した社員の手当てをしたり、カルテを管理するのも大切な仕事。
社長から一般社員まで、働く社員の健康を裏から支える大切な仕事といえます。

企業が産業保健師を雇う目的は、社員が気持ちよく働ける環境づくりと業績アップです。
業務も多様化し、社員一人ひとりに求められる能力も高水準になりつつある世の中。

日々ストレスを抱えた状態では満足に仕事もできず、やがては体調を崩してしまいます。

昼夜逆転の不規則な生活、コンビニや外食中心の食生活。こうした生活習慣の乱れも拍車をかけ、
生活習慣病などの身体症状、うつ病といった心の病にかかって休職する社員が続出しています。

これは企業にとっても見逃せない事態。働き手が欠けてしまえば業務が滞るし、
業績が伸ばせなくなってしまうからです。

病気で退職した社員の代わりに別の人員を探すにしても、採用試験には時間と費用の両方がかかります。
だからこそ、病気になってしまう前に予防することが大切なのです。

なお、産業保健師になるためには看護師・保健師資格が必要です。
本来は保健師資格だけでよいのですが、この資格を取るためには看護師資格が必須。

そのため2つの資格が揃っていなければ、産業保健師にはなれません。
看護師から産業保健師への転職を考える場合、まずは保健師資格を取得しているかを確認しましょう。

後はこれまでの職務経験、心理学系の資格の有無から自己PRを組み立て、
産業保健師求人を見つけて応募します。

道は険しいですが、その先には新たなやりがいが待っていることでしょう。