英語スキルの重要性 | 産業保健師の知識

英語スキルの重要性

英語スキルは様々な職種で活躍します。産業保健師もまた、例外ではありません。
労働者として外国人を積極採用をしている企業や、海外との取引が多い企業など。

産業保健師の中でも、英語スキルを生かせる場面はたくさんあります。
英検なら準2級、TOEICなら500点以上を所持していると良いでしょう。

その他、海外留学の経験があって今でも英語を話せるなど、英語スキルをPRする手段はいくつかあります。
PRにできるレベルの目安としては、日常会話ができるかどうか。

もっと確実に英語スキルを武器にするなら、ビジネス英会話ができるのが理想です。
大手企業ともなればTOEIC900点台を求められることもあるでしょう。

英語スキルを持っていることの一番の強みは、仕事の幅を広げられることです。
海外企業に勤める、研修にいくなど、英語ができると海外進出のチャンスも得られるのです。

日本で仕事をするにしても、産業保健師の役割である「労働者の心身の健康を守る事」に貢献できます。
文化や風習の違いに戸惑う外国人労働者にとって、なじみのある言語で会話できることは心の安らぎです。

彼らの悩みを聞き取り、必要ならば改善の提案をすることで労働環境を整ええていく。
英語のできる産業保健師は、いわば職場の調停役も担っていると言えます。

もちろん、ただ英語ができれば良いというわけではありません。
相談を受けるときは、相手の国と日本の違いを理解したうえで話を聞いていく必要があります。

育った環境が違うのだから、考え方や行動に違いがあるのは当然のこと。
しかし「これが日本のやり方だから」と無理にこちらのルールを押し付けるのは逆効果。

信頼をなくし、相手を追いつめてしまう可能性があります。
まずは、相手の話に共感・認める姿勢が大切です。