メンタルヘルスケア | 産業保健師の知識

メンタルヘルスケア

昨今の労働者を取り巻く環境は、決していいものとはいえません。
不況による人員削減、非正規雇用の増加、賃金の削減。にもかかわらず複雑・多様化していく業務。

日々成果を求められると同時に先行きの見えない将来に不安を抱く人は多く、
ストレスから様々な体調不良を起こしていきます。中にはうつ病のように、メンタルに関わるものも。

特にメンタル面の不調の場合、発見が難しい上に完治しにくいのが特徴です。
人によっては長期休職や退職を余儀なくされる上、日常生活すら困難になってしまうのです。

企業は産業保健師に対してメンタルケアの助力を求めています。
これは職場の労働環境改善とともに、貴重な戦力を失わないための配慮でもあります。

産業保健師が行うメンタルヘルスケアの中心は、社員から相談を受けることです。
悩みを抱える社員が通いやすい環境を整え、話をしやすい雰囲気を作ることが大切です。

社員の中には、相談自体をためらう人もいるでしょう。この程度で相談していいものなのか。
相談した内容が上司にばれないか・悪い印象を与えてリストラにつながらないか。

悩みを相談するにあたっては、様々な不安要素がつきまといます。
産業保健師が配備されていない職場の場合は、相談できる場所すらありません。

そんな方々のために、産業保健師会では相談を受け付けています。
対面での相談だけでなく、電話やメールなど様々なツールが利用できます。

産業保健師は職場内だけでなく、職場外でもメンタルヘルスケアを行います。
それは一人でも多くの労働者が気持ちよく働ける環境を作り、心身が健康でいられるようにするためです。

技術や知識・経験はもちろん大切なことですが、産業保健師に一番求められることは、
相談をしてくる人の心に寄り添う姿勢ということを忘れないでください。