産業保健師の役割について | 産業保健師の知識

産業保健師の役割について

産業保健師の役割は2つあります。
社員の病気が重症化する前に予防する事と、日頃の健康を守ることです。

看護師の場合は病気やけがの「治療」に重きをおかれますが、
保健師の場合は「予防」が中心になります。

もちろん、体調を崩した社員に対して手当をすることもありますが、
あくまでもメインの仕事は病気とけがの予防です。

産業保健師は、様々な手段で健康を守るアプローチをしていきます。
仕事の現場を見ながら社員とコミュニケーションを取る、作業工程を見直し、必要なら計画を立て直す。

社員からの健康相談を受け、解決策を提案する。疾病予防の知識を提供するなど。
いわば、社員を守る縁の下の力持ちというわけです。

産業保健師には、メンタルヘルスケアの役割も任されています。昼夜を問わず長時間労働や休日出勤、
過酷な労働条件を押し付けられた結果、何らかの精神疾患を発症するケースは絶えません。

過労死、病気による長期休職や離職。ニュースでも度々報道される労使問題は、
企業にとっても解決しなければならない問題の一つです。

悪化すれば貴重な人材を失い、その分の作業量が減り、業績悪化へ繋がるからです。
また、離職や休職の原因が会社にあれば、その保障をしなくてはなりません。

経済的損失は、相当な額になります。これは、経営者にとって絶対に避けたいことです。
だからこそ産業保健師が求められ、求人が出回るわけです。

先ほど、産業保健師にはメンタルヘルスケアの役割も任せれていると述べました。
近頃はカウンセラー資格を持った産業保健師を求める企業も多く、需要が期待されます。

うつ病などに代表される精神疾患が注目され、認知されてきているからでしょう。
かといって、全ての企業がメンタルヘルスの支援体制を整えている訳ではありません。

今後、産業保健師の求人は増えてゆくでしょう。自分が受けたい!と思う求人が見つかった時、
自分が産業保健師としてどんな役割を果たせるか、考えておくことが大切です。